受験英語に鉄壁は必須!

大学受験を控えている受験生にとっても、英語を純粋に学習したい方にとっても、『鉄壁』はとてもおすすめできます。

大学受験に至っては、この単語帳一冊あればほとんどの大学は突破できます。

今回は、英単語帳の鉄壁について、魅力をお伝えしていきます。

『鉄壁』とは?

東大受験の有名な対策塾として、鉄緑会をご存知の方もいるかと思います。

その鉄緑会が得た英語の指導ノウハウを一冊に詰め込んだ単語帳が、『鉄壁』です。

どこの書店に行っても、ほとんど鉄壁は売っています。

しかし、実物を見たときには驚くはずです。よく目にする単語帳よりも、鉄壁は一回り大きいのです。

単語帳の厚さからも想像できますが、ものすごく情報量は多いです。

ただし、情報量は多いですが、重要な点が整理して書かれています。

活字が多くて読みづらいということはないのでご安心ください。

関連語がまとまっている

鉄壁を使用する上で一番のメリットは、さまざまな知識をこれ一冊でひもづけられることです。

例えば、単語を一語とったとしても、その単語の動詞型、形容詞型、名詞型を瞬時に答えられる人は決して多くはないです。

これだと、本質的には同じ意味なのに、別々に覚えてしまうという点でとても労力がかかります。

しかし、鉄壁ではこれらの派生語はまとめて書かれています。

一つの単語を覚えようとしたら、派生語をはじめ発音や熟語、言い換え表現までを一気に覚えることができます。

英単語は膨大な量があるので、それらを整理して覚えやすくすることはとても重要なことです。

それを鉄壁は一冊の単語帳にまとめてあるので、受験生にとってはとても重宝します。

イラストから視覚で覚える

英単語には、日本語訳は同じような意味なのに、ニュアンスが違うことがあります。

これは通常の単語帳ではおさえにくいです。

別途ネットなどで意味を深堀りしなければ、微妙なニュアンスの違いなどは知る機会がありません。

しかし、鉄壁では単語の意味をイラストにしています。

直感的に単語が持つニュアンスを把握することができます。

また、イラストがあることによって記憶が定着しやすくなります。

文章だけ見るよりかは、絵も付いていたほうが覚えられる気がしませんか。

他の単語帳にはない特徴を鉄壁は持っています。

もちろん、人によって単語帳が合うかどうかは変わります。

けれども、鉄壁はほとんど全員にとって取り組みやすい単語帳だと感じます。

単語を整理してトピックごとに覚える、などの工夫が鉄壁に詰め込まれています。

まずは一回だけ鉄壁を眺めてみるのはオススメです。

この記事を書いた人
タダシ

都内に住む大学生。タダシです。
副業を始めたかったのでとりあえず雑記ブログをはじめました。
大学生活の中で面白いと思ったことを綴っています。
よかったら見てください。

タダシをフォローする
雑記
タダシをフォローする
タダシの雑記ブログ
タイトルとURLをコピーしました